施設概要

「富士市新環境クリーンセンター」は、富士市内の家庭や事業所から排出される一般廃棄物を効率的かつ適正に処理するだけでなく、「安全と安心を約束する資源循環パーク」を基本理念として富士市の循環型社会形成及び低炭素社会形成に向けて中心的な役割と機能を有する施設です。

富士市新環境クリーンセンターを構成する主な施設は、以下のとおりです。

 

富士市新環境クリーンセンター
ごみ焼却施設、選別棟、破砕棟、修理・再生棟、余熱利用体験棟を有する総合的なごみ処理プラントです。
ごみ焼却施設は、空気や水を汚さずに、自動燃焼制御装置で燃焼の安定化を図ることで環境保全を推進できる施設になっています。
また、選別棟は、施設に持ち込まれた資源ごみを選別・保管し、破砕棟では剪定枝を破砕処理し、チップやミンチにして資源化します。
まだ使える家具類は修理・再生棟で補修を施し、再利用していきます。

富士市環境クリーンセンター 外観

施設概要

施設名称 富士市新環境クリーンセンター
所在地 〒417-0801 静岡県富士市大淵地先
敷地面積 約75,000m2
ごみ処理施設 焼却能力 250t/日(125t/24H×2基)
炉型式  全連続燃焼式ストーカ炉方式
破砕能力 2.72t/5h(平均)
発電出力
工期 2017年2月16日~2020年9月30日
稼働開始 2020年10月
設計・施工 川重・石井・井出特定共同企業体

施設の特徴

安心で安全な環境にやさしい施設

  • 運転の自動化、燃焼温度の連続監視により、適正な運転を行います。
  • 低空気比高温燃焼が可能なストーカ式並行流焼却炉の採用や、焼却炉から発生する 排ガスに対して、集じん装置(バグフィルタ)や触媒脱硝装置等の設置、排ガス再循環システムの導入により、万全な大気汚染防止対策を施すことで、環境負荷低減を実現します。
  • 高効率な廃棄物(バイオマス)発電により施設内の消費電力を賄うとともに、余剰電力を売電することで、 温室効果ガス(CO₂)排出量削減に貢献します。
  • 景観は、周辺の自然環境との調和を重視したデザインコンセプトとし、施設の外観を景観に調和するよう工夫しています。

本施設は以下の設備から構成されています。各設備の特徴を紹介します。

  • プラットフォーム

    収集されたごみは計量機で車両ごと計量し、ごみピットに投入します。

  • ごみピット

    ごみを一時的に貯留します。クレーンで撹拌し、均質な状態に整えます。

  • 焼却炉

    ごみを高温で焼却処理します。高温で焼却することにより、ごみは熱分解され、排ガスと焼却残さ(焼却灰、飛灰)に分かれます。

  • 排ガス処理設備

    ごみの焼却により発生する排ガス中に含まれる、有害物質を除去します。

  • 灰貯留設備

    焼却残さを貯留し、搬出車両に積み込みます。

  • 煙突

    浄化した排ガスを大気に排出します。

  • 余熱利用設備

    排ガスがもつ熱エネルギーをボイラで回収して蒸気をつくり、次の設備で利用します。
    発電設備では、蒸気の熱エネルギーでタービンを動かし発電します。
    温水供給設備では、蒸気の熱で温水をつくり、余熱利用体験棟に供給します。

  • リサイクル等の施設

    市民の皆様が直接持ち込む廃棄物を原料として再利用するために、資源ごみは選別棟で選別・保管します。
    剪定枝は破砕棟で破砕処理し、チップやミンチにして資源化します。
    まだ使える家具類は修理・再生棟で補修を行い、再利用を推進します。